お知らせ

2022/04/22 (金) 12:00

取引DPF法への取り組み内容

このページについて

PassMarketでは、お客様に安心してご利用いただくために、さまざまな自主的な取組を行っています。

このページでは、PassMarketがどのような取組を行っているか、ご説明します。

PassMarketにおける消費者(ユーザー)保護に関する基本方針

PassMarketでは、イベントへの参加やチケットの事前購入を便利に楽しんでいただくために、多種多様なチケットを取り扱う一方で、違法行為につながることが疑われるイベントや、お客様の身体・生命に危険を及ぼすことが疑われるイベント等、当社が不適切と考える販売内容については、ガイドラインにて明確に規定し、ルールに基づいて適切に排除をしていくことが重要であると考えております。

このような考えに基づいて、PassMarketでは以下の各種取組を進めております。

①消費者(ユーザー)が販売業者等と円滑に連絡することができるようにするための取組

PassMarketでは、イベントページの作成にあたって、イベント主催者のお問い合わせ先を必須で記載いただくようお願いしており、イベントページ上に「お問い合わせ先」として表示しています。

イベントの内容や取引内容等にご不明な点がある場合には、こちらのお問い合わせ先から、イベント主催者までお問い合わせください。

また、PassMarketでの取引に際してお困りの点がある場合には、PassMarketヘルプページをご確認ください。

解決しない場合はPassMarketに対してお問い合わせをいただく専用窓口を用意しております。

お問い合わせいただいた内容に応じて、PassMarketからイベント主催者へ連絡をするなどの対応を行っております。

②消費者(ユーザー)から苦情の申出を受けた場合の販売条件等の表示の適正を確保するための取組

PassMarketでは、お困りの状況に応じてPassMarketのカスタマーセンターにお問い合わせいただけるお問い合わせフォームを設けております。

お問い合わせフォームからガイドライン違反が疑われる等のご指摘をいただいた場合には、専門スタッフが内容を確認したうえで、ガイドライン違反が確認できた場合にはチケットの販売停止等の措置を実施しています。

その他、疑わしいイベント等については、イベント主催者をはじめ、関連省庁や外部の権利者等に対して速やかに照会する体制も構築しております。

③販売業者等の特定に資する情報の提供を求める取組

PassMarketでは、有料イベント主催者の利用資格として、Yahoo! JAPAN IDの登録が必須であるほか、Yahoo!ウォレットへの受取口座の登録と、別途当社が提供するサービスである「ヤフオク!」において出品するために必要な登録事項と同様の登録事項の登録を必須としています。

これらの登録においては、氏名・住所・電話番号等の主催者の個人情報を登録いただくほか、携帯電話番号を用いたSMS認証も実施しています。

また、プロフェッショナルプラン(法人契約)のお申し込みをいただいたお客様に対しては、上記のご登録とあわせて代表者情報および担当者情報の登録を必須としており、入力いただいた情報に基づいた契約審査が行われます。詳細はこちらをご確認ください。

④消費者トラブルを予防するための取組

PassMarketでは、法令に違反するものをはじめ、販売禁止商品、禁止行為については「PassMarket主催者ガイドライン」、「PassMarketの禁止イベント・禁止行為に関する規則等のガイドライン・規則において明示的に販売を禁止し、広く一般に公開されるイベントのチケット販売申請があった場合には、1件ずつ内容の事前確認を実施したうえで、作成されたイベントページに対して、定期的に目視でのパトロールも行っています。

PassMarketでのパトロールや、外部からの指摘を通じて違反が確認されたあるいは違反が疑われるような場合には、内容を精査のうえ、当該イベントのチケット販売停止措置のほか、イベントページの削除等、利用規約の定めに従って措置を行っております。

これらの取組を通じて、お客様が安心して取引できる環境構築に努めるとともに、不適切と判断した事例をガイドライン・規則に追加するなど、随時見直しを行っています。