お知らせ

使い方

2020/04/28 (火) 10:00

PassMarketで回数券を販売してみよう!

PassMarketはアイデア次第でさまざまなイベントにご利用いただけます。下限・上限設定を使えば回数券を販売することもできます。流れに沿って作成方法を見てみましょう。

  1. イベントを作る
  2. イベントを公開、販売する
  3. 参加者に連絡する
  4. 受付する
  5. チケット代金を受け取る

イベント作成に必要なもの

Yahoo! JAPAN IDが必要です。お持ちでない方はこちらから無料で取得できます。
はじめてPassMarketをご利用いただく方は、ユーザー情報の登録本人確認 (ヤフオク!のヘルプページに飛びます)、チケット代金の受取口座設定を行います。Yahoo! JAPANの他のサービスで設定済みの場合は不要です。


1.イベントを作る

まずはイベントを作成します。
イベントを作る前に、販売期間と数量、引き換え方法、注意事項など予め考えておくとスムーズに作成できます。

チケット作成について

・商品やセット内容が複数ある場合、チケットを複数作成します。

・在庫の上限数を、チケットの枚数に設定しましょう。後から増やしたり減らしたりできるので、決まっていない場合はおおよその枚数でも構いません。

・限定商品など多数の応募が見込まれる場合は抽選販売もできます。

広く告知したい場合

「検索結果掲載を希望する」にチェックを付けましょう。申請が許可されるとPassMarketのサイトやGoogle、Yahoo! JAPANの検索結果に表示されるようになります。

常連さんや決まった人だけに販売したい場合

「検索結果掲載を希望する」にチェックは付けずに公開します。知らない人にみられたくない場合や、SNSなどにURLが拡散されると困る場合はパスワードを設定しましょう。

支払い方法について

クレジットカード決済とコンビニエンスストア支払いから選べますコンビニエンスストア支払いは、PassMarketから注文のキャンセルおよび返金ができないので、中止の可能性がある時は外しておくことをおすすめします。

次に、回数券を販売するために下限・上限を設定します。

下限・上限設定について

下限・上限設定では、1回の申込みで選択できるチケットの下限枚数と上限枚数を、チケット単位で設定できるオプション機能です。


・下限を2枚にすると、2枚以上でないと申し込めなくなります
・上限を5枚にすると、5枚までしか申し込めなくなります

回数券(セット販売)を作る場合は、下限と上限を同じ枚数に設定します。チケットの料金は1回分の料金を設定しましょう。

2回分 1,000円の場合

下限=2、上限=2、価格=1,000円÷2=500円

5回分 5,000円の場合

下限=5、上限=5、価格=5,000円÷5=1,000円

イベント作成の作り方について、詳しくは以下も参考にしてください。

> 使い方(PassMarketガイド)
> イベント作成ガイド(マニュアル)

2.イベントを公開して告知する

イベントができたら、ページを公開して普段使っているSNSやホームページで告知しましょう!

3.参加者に連絡する

追加の連絡事項や時間の変更等がある場合は、メッセージ送信機能を使って連絡しましょう。

チケット単位なのか、個人単位なのか、送信先を選んで簡単に送れます。

> 参加者に連絡したい

4.受付する

お客さんにチケットを提示してもらったら、受付をして、商品をお渡しします。
その際、1回分のチケットを使用済みにして、次回使用できないようにしましょう。

また、受付方法に関わらず、購入者リストを出力できるので事前にプリンターなどで印刷しておくと安心です。

受付方法の種類は以下を参照してください。

> QRコードを使って受付したい
> スマートフォンもぎりで受付したい
> 紙のリストを使って受付したい

5.チケット代金を受け取る

チケット代金は イベント終了後10営業日以内 に自動的に振り込まれます。
金額は明細を確認してください。

> り込み状況、明細を確認したい


他の人がどんな使い方をしているか見てみよう

Spring Japan回数券!乗るたび路線が変更可能!<往復2枚...

【回数券】おやさい350サロン〜日常の食事のバランスをとるおや...


他にもお家時間を楽しむアイデア色々♪