お知らせ

使い方 > イベント主催者向け

2022/06/16 (木) 17:07

プロフェッショナルプラン通信 - 横浜中華街の回遊促進イベントをパスマで販売 - 横浜観光CVB

横浜観光の魅力の一つである横浜中華街を新しい形で楽しめる回遊促進イベント「横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!-〔ファンファン〕」のパスマ販売事例をご紹介いたします。
横浜中華街が新たに提案する「食・茶・遊」
3つを楽しめるスペシャルチケット
横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!-〔ファンファン〕
主催者インタビューにもご協力いただきました。
公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
長澤 譲 さま
パスマでの販売のきっかけは?
 コロナ禍において非接触で扱え、かつマーケティングにも活用できる電子チケットシステムを探していました。さまざまなシステムを調べる中で、他都市で使用した実績のあるパスマーケットをご紹介いただきました。他システムと比較検討した結果、コスト面や利便性など複合的に見て使用することになりました。
工夫や苦労された点はありましたか?
 主催でイベントを開催する機会がなく、初開催のイベントであったため、ほとんど手探りで企画内容から連携先との調整などを行ったので苦労が多かったです。コロナ禍での開催だったこともあり、チケット販売のためのプロモーションもさまざまな手法で実施しました。

 工夫した点は、横浜中華街の「グルメの街」だけではなく「中国茶」や「おみやげ・体験」を知ることができる内容とすることで、横浜中華街を多面的に体験していただき、滞在時間を伸ばしたことです。このセット券を企画販売するに当たり、パスマーケットの担当者の方々にもご協力いただき、このイレギュラーなチケットを企画・販売することができました。

 また、開催前にチケット購入から使用方法に関して、カスタマーサクセスの担当者が参加店舗に対し、講習会を開催していただけたことは非常に有難かったです。
お客様からの反響や評判はいかがでしたか?
 紙のチケットを使用しない完全電子のチケット制にしたため、ユーザーの方からお問合せをいただくことがありましたが、横浜中華街の「グルメの街」以外の側面も知ることができて楽しかったという声が多く寄せられました。また、飲食店以外の参加店舗からもイベントに参画できて良かったと好評でした。
今後どういったお取り組みを検討されてますか?
 今後も横浜観光をより深く、より長く楽しんでいただけるような企画を展開して、コロナ禍で落ち込んだ観光消費の拡大を図り、活気ある横浜の街にしていきたいと考えています。
その他パスマへのご要望があればお聞かせください。
 パスマーケットのカスタマーサクセスの方々にはイベントの準備段階からさまざまなサポートをしていただき、感謝しています。パスマーケットのプラットフォームを活用しつつ、情報交換する中でブラッシュアップを図りながら次につなげていければと考えています。
インタビューは以上です。
今後も主催者様の幅広いご用途にお応えできるよう努めてまいります。皆さまからのご相談をお待ちしております。
- 関連バックナンバー -
観光MaaSの利用特典をパスマで提供 - いわき市
パスマで地産地消による地域経済活性化を - 三重県鳥羽市
パスマで安心・安全な食のイベントを実現 - 南日本リビング新聞社
地域周遊チケット活用事例 - 福井県坂井市

バックナンバーはこちら